第5回京都学生祭典

今年で5回目を迎える京都学生祭典、京都は学生の町として知られているよう全国でも有数の大学が集まる都市です、その大学生が主体となって京都を盛り上げようと始まったイベントに、ビートライブもストリート部門として参加しました。

現場は10/6(土)京都駅ビルにて開催された京都学生祭典内の企画“熱狂パフォーマンス”にビートライブから6チームが参加しました。

↓↓↓京都駅前のスペースを舞台に多くの方が見守る中“熱狂パーフォーマンス”がスタート!!

AUDIENCE


↓↓↓まずトップを飾ったのは“A2”の2人!!小学5年生の2人が80’sを意識したスタイルでおしゃれに決めてくれました。

A2


↓↓↓2チーム目は結成2ヶ月という初々しい“ASH MODE”の二人!!公共の場所でのショーは初めてで緊張感が伝わってきましたが、ノリのいい踊りを堂々と魅せてくれました!!

ASHMODE


↓↓↓3チーム目は高校生のチーム“BLOW”!!男女混合の3人組で細かいルーティンとソロを巧みに構成したパフォーマンスが印象的!!

BLOW


↓↓↓4チーム目も女子高校生チーム“JAL-CY”!!雰囲気のあるスタイリッシュなHIOHOPのチームで、客席からは歓声がひときわ多く飛んできましたよ。。

JAL-CY


↓↓↓5チーム目は高校生と大学生の混合チーム“RAMDY”!!男女混合で個人個人がスキルの高いチームで、ゆったりしたHIPOHOPスタイルを感傷的に表現していました。

RAMDY


↓↓↓そしてトリを飾ってくれたのは大学生チーム“ECCENTRIC JAF”!!ロックを基調にコミカルさやアクロバティクなショーで観客を魅了してました!!

ECCENTRIC JAF


その他、ダブルダッチやストーリートサッカーなど色々なパフォーマンスが繰り広げられました。。京都を活性化させるイベントに参加出来た事に感謝です!!